モバイル空間統計

観光客向けプロモーションエリアの選定

  • 業種 : 地方自治体
  • 活用サービス : 分布統計(国内居住者)・動態統計(訪日外国人)
  • 実績 : 地方自治体

観光誘致に向けた連携先自治体や施設の検討

分析データ

  • 観光エリア滞在者の来訪元(国内居住者) 観光エリア滞在者の来訪元(国内居住者)

    観光客の居住エリア分析
    (国内居住者)

    観光客の居住エリアを把握することで、プロモーション施策の検討や重点強化エリアの選定に活用できます。

  • 観光エリア滞在者の前後訪問先(訪日外国人) 観光エリア滞在者の前後訪問先(訪日外国人)

    観光客の前後滞在エリア分析(訪日外国人)

    訪日外国人が前後に滞在したエリアを把握することができるため、観光ルートの分析やプロモーションエリアの選定に活用できます。

  • 観光エリア滞在者の入出国空港(訪日外国人) 観光エリア滞在者の入出国空港(訪日外国人)

    観光客の入出国空港分析
    (訪日外国人)

    訪日外国人を入出国空港別に分析できるため、入国後、最初の接点である空港を拠点としたプロモーション施策の検討が可能です。

課題

特定エリアに訪れる大勢の観光客がどんなルートで来ているのか、これまではこれを正確に把握する手段がありませんでした。誘致プローモションを実施する場合も、エリアの選定は経験と勘に頼っていたのが実情です。

分析

居住エリア別の人口構成と前後訪問/滞在エリアや入出国空港を分析

効果

モバイル空間設計を活用し、特定の地域を訪れる観光客の居住エリアや観光ルートを分析。人口動態のデータを把握することで、観光誘致のためのプロモーションをどこで実施するか、どの自治体や施設と連携するかなど、アイデアを検討するための根拠が生まれました。その結果、よりターゲットにマッチしたプロモーション活動につながっています。

活用サービス

関連性のある活用例