モバイル空間統計

帰宅困難者対策の検討

帰宅困難者対策の検討

  • 業種 : 地方自治体
  • 活用サービス : 分布統計(国内居住者)
  • 実績 : 埼玉県

昼・夜の滞在エリア分析による帰宅困難者予測

分析データ

  • 帰宅困難者の分布 帰宅困難者の分布

    帰宅困難者の分布

    居住地情報を活用することで、帰宅困難者を推計し、その分布を把握することができます。

  • 帰宅困難者発生エリアの比較1 帰宅困難者発生エリアの比較1

    帰宅困難者発生エリアの比較1

    帰宅困難者の居住エリアまでの距離を分析することで、備蓄品の最適化などに役立てることができます。

  • 帰宅困難者発生エリアの比較2 帰宅困難者発生エリアの比較2

    帰宅困難者発生エリアの比較2

    それぞれのエリアにおける帰宅困難者の性・年代を把握することができます。

課題

災害時における帰宅困難者の推計をするためには、居住エリアと日中の滞在エリア(勤務先など)の情報が両方とも必要です。しかし、これまでの統計情報ではそこまで把握できず、精度の高い推計が非常に困難でした。

分析

エリアごとの人口を居住エリア別に分析

効果

携帯電話のデータから、居住エリアと日中の滞在エリア両方の情報を分析します。これによって2つのエリア間のおおよその距離を把握し、そこから帰宅困難者数を予測できるようになりました。エリアごと・時間帯ごとに詳細な帰宅困難者数を推計し、そのデータを備蓄品の配備計画などに活かしています。

活用サービス

分布統計(国内居住者)

分布統計(国内居住者)

人の分布

1時間ごとの人口増減を、性・年代別、居住エリア別に把握することができます。対象エリアや対象期間を任意に設定可能です。

詳しく見る

関連性のある活用例