モバイル空間統計

需要予測による収益の最大化

需要予測による収益の最大化

  • 業種 : 陸運業
  • 活用サービス : 分布統計(国内居住者)
  • 実績 : 九州旅客鉄道株式会社

イベント需要予測に基づいた供給量と価格の設定

分析データ

  • イベント毎の性年代構成 イベント毎の性年代構成

    イベント毎の性・年代別構成

    各女性向けイベントの年代構成を把握することで、新幹線の主要顧客との相関性を分析できます。

  • イベント毎の来訪元比率 イベント毎の来訪元比率

    イベント毎の来訪元比率

    新幹線需要の検討の1つとしてイベント参加者の来訪エリアを分析できます。

課題

新幹線などの割引切符は、季節によってニーズが変動するものです。それだけではなく、大型イベントの開催時なども大きな影響を受けることがあります。しかし、これまでそういった需要予測の精度は決して高いとはいえませんでした。

分析

イベントエリアの性年代別・居住エリア別の人口構成を分析

効果

過去に開催された大型イベント参加者の属性データと、割引切符の販売データをつけ合わせ、新幹線の主要顧客層との合致度を分析。割引切符の需要をイベントごとに予測しています。これによって供給量および価格のコントロールができるようになり、収益の最大化を図ることに成功しました。

活用サービス

分布統計(国内居住者)

分布統計(国内居住者)

人の分布

1時間ごとの人口増減を、性・年代別、居住エリア別に把握することができます。対象エリアや対象期間を任意に設定可能です。

詳しく見る

関連性のある活用例