モバイル空間統計

バス路線整備の検討

バス路線整備の検討

  • 業種 : 陸運業、地方自治体
  • 活用サービス : 分布統計(国内居住者)
  • 実績 : 地方自治体

精度の高い交通需要予測に基づいたバス路線の整備

分析データ

  • 市街地の来訪元エリア 市街地の来訪元エリア

    市街地の居住エリア分布

    中心市街地に滞在している人々の居住エリアとバス路線を組み合わせることで、需要の高いエリアを特定することができます。また、時間変化を把握することで、時刻表の見直しなどにも活用が可能です。

課題

公共の交通路線を整備する際、新設・見直しに関わらず、最新の需要を予測することが必要になります。しかし、これまでは対象エリアの最新の人口動態を簡単に把握する手法がありませんでした。

分析

居住エリア別の人口構成を分析

効果

中心市街地に滞在している人々の居住エリアを分析し、既存のバス路線と組み合わせることで、来訪者数が多いにも関わらず、バスの本数が少ないエリアを特定することができました。さらに、特定日の調査だけでなく、曜日平均や月平均の分析を加えることで、より精度の高い交通需要を予測し、交通路線を整備することができるようになりました。

活用サービス

分布統計(訪日外国人)

分布統計(訪日外国人)

人の分布

1時間ごとの人口増減を国・地域別に把握することができます。対象エリアや対象期間を任意に設定可能です。

詳しく見る

関連性のある活用例