モバイル空間統計

道路の整備効果測定

道路の整備効果測定

  • 業種 : 道路整備局、地方自治体
  • 活用サービス : 分布統計(国内居住者)
  • 活用サービス : 道路整備局、地方自治体

道路整備前後の利用者属性比較よる成果や課題の把握

分析データ

  • 道路整備前後の比較(来訪元) 道路整備前後の比較(来訪元)

    道路整備前後の比較(来訪元)

    道路整備(開通)後に特定の地域(C市~E市)からの来訪者が大きく増えていることから、道路整備に一定の効果があったことが分かります。

  • 道路整備前後の比較(時間推移) 道路整備前後の比較(時間推移)

    道路整備前後の比較(時間推移)

    E市からの来訪者人口を時間別に見ると、道路整備後の方が遅い時間までピークが続いていることが分かり、時間別の分析からも道路の整備効果が分かります。

課題

道路整備事業において重要なのは、工事完了後の利用実態を把握すること。しかしその効果を、定量的に把握する方法はきわめて限定的でした。

分析

道路整備前後の時間帯別・居住エリア別の人口構成を分析

効果

モバイル空間統計は、過去のデータをさかのぼって分析することが可能です。道路が整備された後、どのエリアからの利用者が増えたのか、全体の利用者数はどれほど増えたのか。さまざまな角度から道路整備前後の人口データを比較・分析し、事業の成果測定や今後の課題把握につなげています。

活用サービス

分布統計(国内居住者)

分布統計(国内居住者)

人の分布

1時間ごとの人口増減を、性・年代別、居住エリア別に把握することができます。対象エリアや対象期間を任意に設定可能です。

詳しく見る

関連性のある活用例