モバイル空間統計

お台場にいる訪日外国人は、どこから来たのか 位置データを使い、
東京の街同士の関係を分析

2016年6月1日

日経ビッグデータ

訪日外国人は東京都内のどの街(エリア)に滞在しており、どのエリアへと移動しているのか。携帯電話の位置データから探ったところ、訪問数が多い4エリア「GSAS」とその衛星エリアの関係がくっきりと見えてきた。

 年間で2000万人を超える訪日外国人が長い旅路を経て日本に着き、初めにすることは、スマホの電源を入れることである。

 その瞬間から、再び日本をたつときまで、国内でのすべての移動を明らかにするしくみがモバイル空間統計だ。モバイル空間統計はNTTドコモの携帯電話ネットワークから得た人口動態データである。あるエリアにおける1時間ごとの人数など、24時間・365日、様々な時点での人口動態を把握できる。特別な機器やアプリの配布は不…

続きを見る(日経ビッグデータへ)

お台場にいる訪日外国人は、どこから来たのか 位置データを使った東京の街同士の関係の分析図
出所:日経ビッグデータ

続きを見る(日経ビッグデータへ)

メディア掲載一覧へ戻る